遊休地の活用

メガソーラーを使用する上でのメリットとして、十分に広い土地さえあれば利用ができるという点にあります。
メガソーラーは、ソーラーパネルさえ設置すれば、勝手に電力が蓄えられるため、こちらはほとんど手を加えることはありません。
広い土地に多くのソーラーパネルを設置すれば、その分得られる電力も大きくなるため、広い場所を確保することは、メガソーラーにとって重要なことです。
しかし、こうした場所を確保するということは、難しいことのように思えます。
広い土地を購入するとなると、多額の費用が発生します。
太陽光発電によって投資を行なう場合、初期費用としてソーラーパネルや蓄電システムに多くの費用を支払います。
その上で、土地代まで支払っては、投資を行なう前に莫大な負債を背負う事となります。
そのため、こうした土地は購入するのではなく、借りることで安く利用出来るようになるのです。
広大な土地を借りるとなると、まず貸してくれる人がいるのかどうか怪しいと考える人もいるでしょう。
広い土地を確保したい場合、遊休地を借りることで、安く広い土地を確保することができるのです。遊休地とは、土地の所有者が何らかの理由によって土地を使用することをやめている場所です。
新たな建物を建てる費用がなく、野ざらしとなっている工場跡地や、整える人がいない荒れた畑など、多くの遊休地が存在します。
そういった遊休地にたくさんのソーラーパネルを設置することで、メガソーラーによる投資を行なうことができるのです。